高精度・32インチ大画面BB弾回収型エアガン用電子ターゲット
   Stealth-Target ST32
 (特許取得済)
       映像実射式・BB弾回収型・弾速計機能付エアガン用電子標的システム
         ※APS全競技、JSC・アンリミ全ステージの練習ができます。
         ※吹き矢にも対応。
      ※GUN Professionals 2016年10月号で本機が詳しく紹介されています。


  
    Stealth-Target ST32  (32"モニタ用)        ¥60,000(税抜) 
(※パソコンと32インチ又は31.5インチのモニタ(又は液晶テレビ)が必要です。パソコンとモニタはセットに含まれておりません)

◎お知らせ「標的板耐久試験等について」
2018年1月24日、  
M14(東京マルイ製)をライフルレストに載せて固定して標的板の前5cmの位置に銃口が来るようにして、必ず同じ場所に弾が当たる状態で、標的板の連射耐久試験を行いました。
エネルギーは0.85J、連射速度は14.8発/秒。温度は22℃です。
その結果、(通常版)「17STB01及び32STB01」相当品は52発で貫通しましたが、(強化版)「17STB02及び32STB02」相当品は140発(2マガジン)でも貫通しませんでした。
但し、弾がめり込んで止まっていましたから、標的板としては使用できない状態になりました。
しかし、フライパンでも穴が開くような撃ち方で貫通しなかったのですから、好成績と言えると思います。強化版の場合には交換の必要はなくなると思います。
(但し、温度によりある程度変化すると思います。また、ある程度使用した標的板はこれより早く貫通するかもしれません)
通常の標的板がたった52発の完全同一位置連射で穴が開いた原因ですが、標的板は凹むことで弾のエネルギーを吸収し、ゆっくりと戻るから弾が跳ね返らないのです。
ところが、標的板の凹みが戻る前に次の弾が当たってしまうと、弾のエネルギーを吸収することができず、その場所にストレスが掛かり続けるためです。
従って、連射する場合には2m以上は離れて撃ってくださいます様お願いします。
非常に極端な実験ではありますが、強度の違いは良く分かって頂けると思います。ST32発売から1年8か月で、標的板「32STB01」に亀裂が入ったというご報告は4件でした。
従って、殆どのお客様は標的板を消耗品とは考えていないかもしれません。しかし、ハードな使い方をされる場合には、強化版をお勧めします。
本機は故障の報告は全くありませんし、撃っているうちに背後が見え難くなることもないことが分かってきましたので、標的板を強化型にすれば10年程度殆どメンテナンスフリーで使用可能になるかもしれません。
2月からST32の標的板強化モデルも発売いたします。価格は¥62,000(税抜)になります。
以上、客観的な情報をご提供することが、お客様の商品選びの参考になると思いましたので。お役に立ちましたら幸いです。


[特徴]

特許複数出願済(一部取得済)









※周辺部の着弾は1mから見た時に視差が生じない様補正しいる関係で、射手からは正常に見えても動画ではズレて見える場合があります。

※周辺部の着弾は1mから見た時に視差が生じない様補正しいる関係で、射手からは正常に見えても動画ではズレて見える場合があります。




※ST32の基本ソフトでは31種類の競技がプレーできます。この内、上記以外の
 ものはST17の動画・画像でご説明させていただきます。
 尚、ST32には、今後は、基本ソフトとは別によりゲーム性の高いアプリケーション
 をご提供していく予定です。但しアプリケーションは有料になる場合もあります。

   ※標的サイズ・色・背景・移動速度・時間など各種設定は自由に変更できます
  

  APSムーバーターゲット             APS10mプレートターゲット       JSCターゲット(全8ステージ)

※APSは有限会社マルゼンの登録商標です。


Stealth-Target ST32 セット内容


Stealth-Target ST32用オプション品、消耗品


[保証期間]

本製品の保障期間はお買い上げから1年です。正常な使用方法でお使い頂いていたにも関わらず故障した場合には、無償で修理致します。但し、当社への持込修理となります。消耗品(標的板など)は無償修理の対称には含まれません。

 



見積・注文


株式会社エイテック

トップ アイコン
トップ

ライン