ユーザーサポート


ダウンロードコーナー


Stealth-Target ST17コントロールソフト
(推奨動作環境)
【オペレーティングシステム】
Windows XP(SP2以降)日本語32ビット版
Windows Vista 日本語版
Windows 7 日本語版
Windows 8 日本語版
Windows 10 日本語版
【CPU】 ---------------------------- Pentium 4(2.0GHz以上)
【メモリ】 -------------------------- 512MB以上(Windows XP)
1GB以上(Windows Vista 及び7,8,10)
【HDD空き容量】 --------------- 2GB以上
【USB】 ---------------------------- USB1.1以上
【解像度】 ------------------------- 1280×768以上
最新版(Ver1.0.9.6)はここからダウンロードできます
Stealth-Target ST17コントロールソフト  48MByte

※ST17コントロールソフトの更新は、古いソフトをアンインストールしてからsetup.exe を実行してください。
 アンインストールは、コントロールパネルの「プログラムの追加と削除」から行ってください。


Smart-Writer SW-1コントロールソフト

PC-9800シリーズ用(Ver4.26)
(動作環境)
パソコン:PC-9800シリーズ及び互換機
OS:MS-DOS Version2.1以降、及びWindows98/95/3.1のDOSプロンプト
ここからダウンロードできます
Smart-Writer SW-1コントロールソフト(PC-9800用)68KByte


IBM-PC-AT用(Ver4.22)

(動作環境)
パソコン:IBM-PC/ATシリーズ及び互換機
OS:MS-DOS Version2.1以降、及びWindows98/95/3.1のDOSプロンプト
ここからダウンロードできます
Smart-Writer SW-1コントロールソフト(IBM-PC/AT用)72KByte



Windows用(Ver2.77)

動作環境
   Windows XP/2000/Me/98/95/NT4.0の動作するパソコン 
             NT4.0の場合はサービスパック3以上が必要
       Windows95の場合はDCOM95が必要
       Windows95でバージョンが「4.00.950」の場合には更にサービスパック1以上が必要

   メモリ: 32Mバイト以上
   CPU : ペンティアム100MHz以上
インストール
   フォルダ(SW1WIN)の中のSW1Win.EXEをダブルクリックしてください。
   後は、その指示にしたがってください。(※2)
アンインストール
   「スタート→プログラム→SW1Win→アンインストール」の順に選択し、
   ダイアログボックスで「自動アンインストール」を選択してください。

起動方法
SW-1を添付のシリアルケーブルでパソコンのCOMポートに接続するか、
USBシリアルアダプタを経由してUSBに接続して、SW-1の電源を入れてから、画面左下の
   スタート→プログラム→SW1Win
の順にクリックすれば起動します。
最初の起動時にはCOMポート番号入力ウィンドウが表示されますので、SW-1を接続した
COMポート番号(1〜9)を入力して下さい。
以降は前回の終了時と異なるCOMポートに接続した場合だけCOMポート番号入力ウィンドウが
表示されます。

操作方法
   操作方法は一般的なウィンドウズアプリケーションと同じですが、メニューの並び順とステータス
   の表示内容はSW-1のDOS版のコントロールソフトと同じになっています。したがって、
   DOS版ソフトと異なる部分のみ以下に列記します。他はSW-1の取説かコントロールソフトの
   ヘルプをごらんください。
"現在の設定値パネル"により、再実行時のコマンドとパラメータ,実行回数の確認ができます。
        詳細はヘルプをご覧下さい。
 マクロファイルの設定により、繰り返し処理を含む自動実行が可能。詳細はヘルプをご覧下さい。
フラッシュメモリ選択時の"消去"はF8キーではなくメニューの中に現れます。
4. 115200bps以上の通信速度に対応した拡張シリアル通信ボードやUSBシリアル
   アダプタ等を使用した場合には460800bpsまで設定可能になります。
   設定できない場合には115200bpsに戻ります。
   ただし、ご使用になる拡張シリアルボードが(RSA-PCI2IOデータ製)の場合、または
   USB
シリアルアダプタが(USB-RSAQIOデータ製)の場合にはメニューバーのオプション
   を選び、 "RSA-PCI2|USB-RSAQ"をチェックしてください。

   他の拡張ボードやUSBシリアルアダプタ("USB-RSAQ2"も含む)ではチェックする必要はありません
5. "ファイルを開く"ダイアログボックスの中の"ロードオフセット"はHEXファイルの途中からロードする
       場合に入力します。指定したアドレス以降の内容がバッファの0番地からロードされ、それ以前の
       内容は無視されます。
6."ファイルを開く"ダイアログボックスの"ロードアドレスをデフォルト値に適用する"
  のチェックボックスをオンにすると、"読み出し"以外の全ての処理で、範囲入力を省略
  した場合のデフォルト値にロードファイル範囲が適用されます。ただし、範囲がROMレ
  ンジよりも大きい場合にはROMレンジが適用されます。
7. ベリファイは高速モードと詳細モードが選択できます。詳細モードは全てのデータを
  1バイトづつ比較します。高速モードではROMレンジを32分割し、バッファとチェックサム
  が異なる領域だけ詳細モードでベリファイします。どちらのモードでも正確にベリファイできますが
  高速モードではデータの偶数/奇数を入れ替えた場合等、その領域内のチェックサムが等しい
  場合にはNGになりません。
8. 一部のフラッシュメモリーでは"セクター保護/解除"コマンドボタンが表示されます。
9. メニューバーのオプションの"編集画面"のチェックをはずすと編集画面が表示され
   なくなります。
10.編集画面の縦/横サイズは(1行x1バイト)から(40行x40バイト)まで変更できます。
11.データを値により16段階に色分け表示できます。この機能はデータテーブルの編集等に便利です
12.シリアルEEPROMと58FV64x及びi82802Aはウィンドウズ版のみ対応しております。

※1)SW-1コントロールソフト(Windows版)はOSがVista以降の場合、インストール後に以下の作業が必要です。
1.Sw1Winのアイコンを右クリックして「Sw1Winのプロパティ」を開く
2.「互換性」タブを開く
3.「互換モードでこのプログラムを実行する」と「管理者としてこのプログラムを実行する」をチェックする。
この作業は、一度行えば大丈夫です。

※2)SW1WinUS.EXEは英語版ウィンドウズ用のSW-1コントロールソフトです。
使い方は日本語版と同じですが、ヘルプはありません。

ここからダウンロードできます
Smart-Writer SW-1コントロールソフト(Windows用) 5MByte
注)このソフトはSW-1のシリアルナンバーが(SER 54500)より前のものでは動作しません。

SW-1コントロールソフト(Windows版)表示画面
注)以下の画像は実際よりも縮小してあります。


メニュー&ステータスウィンドウ


編集ウィンドウ(基本表示)


編集ウィンドウ(データの色分け表示 : 18バイト x 20行に設定時の画面)


   SW-1動作確認済みUSBシリアルアダプタ
メーカー 型式 最高通信速度(1) プログラム時間(2) 備考
ラトックシステム REX-USB60 230400pbs 29.6秒 [Win98/Me/2000/XP対応]
 ラトックシステム  REX-USB60F 460800pbs  未計測  [Win2000/XP/Vista/7対応]
IOデータ USB-RSAQ 460800pbs 18.6秒 拡張シリアルボードと同等の性能があります。[Win98対応]
IOデータ USB-RSAQ2 230400pbs 29.8秒 [Win98//Me/2000/XP対応]
IOデータ USB-RSA 460800pbs 43.2秒 確かに460Kbpsに設定できますが ・・・・・・  [Win98対応]
プラネックス URS-01 230400bps 34.6秒 カタログ値は115.2Kbps
  [Win98対応]
entrega 
Xircom
U1-S9 115200bps 53秒 [Win98対応] 同じ形でWin2000にも対応した製品もあります。
エレコム UC-SGT 460800pbs 未計測 [Win2000/XP/Vista/7対応]
ただし、64bit版には未対応
(1) SW-1コントロールソフト(Windows版)で正常な動作を確認した最高通信速度です。
(2) 最高通信速度に設定して ”AT29C040””書き込み”と”ベリファイ”をした場合の合計時間です。
 [参考]標準COMポート(COM1)に接続時のプログラム時間 (51.5秒)
   SW-1動作確認済み拡張シリアルボード
メーカー 型式 最高通信速度(1)  プログラム時間(2) 備考
IOデータ RSA-PCI2 460800bps 19.1秒 PCIバス用,2ポート
921.6Kbps対応 (3)
IOデータ RSA-DVU/S 460800bps 18.5秒 ISAバス用,1ポート
921.6Kbps対応 (3)
(1) SW-1コントロールソフト(Windows版)で正常な動作を確認した最高通信速度です。
(2) 最高通信速度に設定して ”AT29C040””書き込み”と”ベリファイ”をした場合の合計時間です。
(3) SW-1は921.6kbpsには設定できません。

トップ アイコン
トップ